【アップデート情報】 XR5 V30.99 〜多軸機能の強化

OneCNC XR5の最新版 V30.99 がリリースされました。
XR5をご利用中の全てのユーザー様は、ユーザーサイトから更新版を
無料でダウンロードし、今すぐアップデートすることが可能です。

以下、 V30.89 からの主な更新項目となります。


【ミル加工 - 同時5軸オプション】

・「スワーフ加工(同時5軸加工)」に対応しました

 工具の側面を用いて同時5軸制御で曲面を加工する「スワーフ加工」に対応。
 OneCNCが独自に開発した高度な5軸演算システムにより、極めて簡単な操作で
 高度な「スワーフ加工」のプログラムが作成できます。
OneCNCスワーフ加工

 他のCAMでは「スワーフ加工」を行う前に予め3D空間に上下のレール形状を
 作図する必要があります。さらに適切な工具の傾きを実現するよう上下レール
 形状の要素数を調整する作業や、周りのサーフェスとの干渉を回避するための
 試行錯誤に膨大な時間と労力をかけているケースが見受けられます。

 一方、OneCNCでは、加工したいサーフェスを順番にマウスで選択することで
 加工対象サーフェスの指示ができるシンプルな仕様を採用しており、レール
 形状を作図する面倒な作業必要は一切ありません。さらに工具の傾きや深さ、
 分割ピッチ、周辺サーフェスとの干渉回避、モーフィング処理など必要な
 作業は全て自動処理されます。

 操作が非常に簡単なので、インペラのような一部の特殊用途だけでなく、
 面取りやテーパー加工などの一般加工においても手軽に活用して下さい。



  ※スワーフ機能は同時5軸オプションに含まれる標準機能です。


【ミル加工 - 固定5軸オプション】

・ファナックの傾斜面加工指令(G68.2)に対応しました
 G68.2指令に必要なオイラー角がポスト変数に追加されました。


【ミル加工 - 4軸オプション】

・4軸オプションを強化し、X軸以外を回転軸に持つ加工機に対応しました。
 4軸巻き付け加工や同時4軸などの回転軸を同時制御する加工において、
 X軸中心の他、Y軸中心の4軸加工に対応しました。
 5軸オプションの場合は、さらにZ軸中心の4軸加工に対応しています。



【ミル加工】
・走査線加工で小径工具を用いた場合のツールパスを改善
・フィーチャー認識穴加工の穴位置選択ダイアログを変更し、
 3軸多面加工の際にローカル(作業平面)座標での座標表示に対応
・小径の彫刻工具を用いた場合に発生していた加工シミュレーションの
 表示不具合を修正


【旋盤加工】
・B軸加工における「Zピック」を修正
・Bosch製制御装置(CC220)のG33ねじ切りサイクルに対応しました。


【CAD/共通】
・情報表示(端点)にて、ローカル(作業平面)座標での表示に対応
・日本語を含め各国言語が更新されました。
・日本語ヘルプファイルが更新されました。
OneCNC公式ホームページ  http://www.onecnc.co.jp/
OneCNC資料請求フォーム  http://www.onecnc.co.jp/inq/form.htm
アップデート情報 - 11:45 -

  コメント